現金化の方法

現在は、バブル崩壊後の日本にとって、大規模で深刻な不況が長引いてきています。全国的、全業種的に経済状態が悪いだけでなく、リストラ等によって職を失った人も多く、お金の問題で悩まされている人は、以前とは比べられないほど多くなり、お金は貴重なものとなってきました。

お勧めブログ:ソファベッドで安らぎとリラックスタイム始めよう!

ですから、現金化できるものへの注目が高くなってきています。お金でないものを現金化する方法のうち、比較的安心して行える、安全な現金化の方法としては、ポイントを集めて、一定のポイントが溜まったらそれを現金化するという方法があります。どうしても金額が小さくなってしまうというデメリットはありますが、何よりも安全というメリットがあります。この場合、ポイントの集め方は様々です。アンケートサイトに登録をしておいて、そのアンケートに答えるたびに一定のポイントをもらい、そのポイントをどんどん溜めていって、あるポイント数まで溜まったところでポイントを現金化するという方法もありますし、楽天スーパーポイントのようにアフェリエイトの報酬としてポイントをもらい、それを使って「カード屋さん弐」などで図書券を購入し、その図書券を金券ショップなどに持ち込んで現金化してもらうという方法もあります。

アンケートサイトなどで地道にポイントを稼ぐ場合は、現金化できるポイントまでポイント数をためるのに、なかなか時間がかかります。また、時間をかけてポイントを積み重ねていった割に、現金化する率が低いので、まとまったお金が欲しい場合には不向きかも知れません。とはいっても、1回のアンケートに答えることで3ポイント位になることが多く、いってみれば、3円です。内職よりも、割の良いお小遣い稼ぎになることでしょう。

それに比べると、アフェリエイトを使った楽天スーパーポイントの現金化の方が、換金率は高くなっています。ただし、楽天スーパーポイントを現金化する方法は、多少手間もかかりますし、すぐに現金にすることはできません。また、図書券を購入する際や、その図書券を金券ショップなどに売りに行く際に、何パーセントかの割合で手数料も取られてしまいます。この手数料の設定の仕方は、どこで図書券を購入し、またどこに売りに行くのかで変わりますので、一概にどれくらいとははっきりしかねますが、ポイント分をそっくりそのまま現金化できるわけではないということを理解しておく必要はあります。しかし、ポイント数によっては、多少はまとまったお金になる可能性もあります。

その他に現金化できるものとして、切手があります。タンスの奥にまとまって眠っていたり、切手収集が趣味だったけれど現在はそんなに興味がなくなってしまったりした人は、現金化をしてみるとよいかもしれません。切手の現金化は郵便局では行ってくれませんので、金券ショップなどに持ち込むか、切手の買い取り専門店などに持ち込むという方法をとります。

一方で、よく見極めて行わないといけない現金化の方法もあります。クレジットカード現金化や、ショッピング枠を現金化する方法です。これは、一度にまとまったお金を手にすることが出来るというありがたいメリットがありますが、反面、お金の返済が生じてくる場合が多いので、クレジットカード現金化の返済のため自分が苦しい立場に追い込まれる可能性があるという、非常に大きなデメリットもあります。また、どのような方法を取って現金化、クレジットカード現金化をするのかとか、どれくらいの手数料を取られるのか、現金化、クレジットカード現金化を行なってくれる会社はある程度事前によく調べておかないと、詐欺にあってしまったり、後々にお金の返済に苦しめられたりする場合が出てくるので、注意が必要です。とはいえ、手軽に現金化できる方法として、検討する価値はあるものだと思います。

現金化やクレジットカード現金化を行う際は、現金化、クレジットカード現金化のメリット、デメリット、等を考え計画的にご利用下さい。また、現金化クレジットカード現金化の詐欺も増えております。現金化、クレジットカード現金化サービスを行っている会社をよく調べてからサービスを受けましょう。

現金化の方法はさまざまありますので、その一長一短をよく理解し、上手に自分にあうように使いこなせば、この不況を、楽しく乗り切れられるかもしれません。