雇用保険制度について

 雇用保険制度について、皆さんはどのくらいご存知でしょうか?雇用に関する情報として、保険料や社員研修、雇用形態などの大まかな知識はあっても、具体的な内容をご存知の方は少ないように思えます。社員研修制度がある企業・女性は育児休暇を取れる企業など企業を選ぶ際に重点を置くところはそれぞれあると思いますが、雇用保険制度を重視する人は少ないように感じます。雇用保険制度とは、もし失業してしまった場合などに給付を受けたり、介護休業手当や育児休業手当、助成金などのさまざまな手当を受けることができる国の制度となっています。就職氷河期と言われている中、派遣切りやリストラなど雇用に関するニュースが良く取りざたされていますね。職に就いているとはいっても不安な方が多いのではないでしょうか?ハローワークやインターネットの求人を毎日チェックし社員研修を受ける日を心待ちにしているという方も多いでしょう皆さんに馴染みが深いのは、失業してしまった場合に給付される手当てではないでしょうか?それら基本手当てを始めとして、雇用保険には他にもさまざまな役割を持った制度が存在します。当サイトでは、それら雇用保険に関する情報をまとめてご紹介しています。個人で集めた情報のため、間違った内容を掲載している場合がございます。どうしても個人サイトゆえ、そのような記述がされている場合がございますのでご了承ください。

雇用保険の役割

2つの役割

 雇用保険は、さまざまな役割を持つ制度です。その役割をまとめてみると、次のような2つの役割に分かれます。

  • 労働者が失業した場合、または職業訓練を受けた場合に、労働者の生活と雇用の両面の安定化を図り、なおかつ求職についても就業の促進を図るために必要な給付を行うこと
  • 雇用保険三事業と呼ばれる「失業の防止」「雇用状態の改めや雇用機会の促進」「労働者の能力開発」などの実施

 雇用保険は、労働者だけが保険料を負担するのではなく、雇用する会社側も負担しています。そのため雇用保険は、労働者と事業者のお互いのための制度と言え、国が行う制度の中でも強制保険になります。従業員を一人でも雇用すれば雇用保険に加入しなければならないので、事業主はこれに従わなければなりません。

 雇用保険は、労働者だけが保険料を負担するのではなく、雇用する会社側も負担しています。そのため雇用保険は、労働者と事業者のお互いのための制度と言え、国が行う制度の中でも強制保険になります。従業員を一人でも雇用すれば雇用保険に加入しなければならないので、事業主はこれに従わなければなりません。

また雇用保険法は、国会での話し合いによって、毎年少しずつですがその内容を改定しています。平成19年度4月から、雇用保険料率も変更になっています。実際、失業した場合に雇用保険の給付を受けるにはどうすればいいか?退職前に必要なやるべきこと?育児休業で受けられる給付金とは?など、気になる雇用保険制度の内容をご紹介したいと思います。この雇用保険の内容を知れば、次の仕事への手助けになるかもしれません。内容をご参考に、労働者を助ける雇用保険の制度を有利に使いましょう。

Valuable information

革製の財布
http://aikikawaseihin.ocnk.net/
下肢静脈瘤にお悩みなら(大阪)
http://www.eraku.com/
レディース向けのロレックスなどの専門店
http://www.jwmatsuda.com/
コスチュームジュエリーでおしゃれにお出かけ
http://www.charmerstop.com/
ゴルフ ネームプレート
http://www.rakuten.ne.jp/gold/teamtodo/

※雇用保険法

第一章 総則 (目的)

 雇用保険は、労働者が失業した場合及び労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に必要な給付を行うほか、労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に必要な給付を行うことにより、労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、求職活動を容易にする等その就職を促進し、あわせて、労働者の職業の安定に資するため、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図ることを目的とする。(http://www.houko.com/00/01/S49/116.HTMより抜粋)

Copyright (C) 2008 雇用保険実録. All Rights Reserved.